『ひとり居の記』

2016/02/29

川本三郎さんの『ひとり居の記』を読んでいる。
読み終えるのがもったいないので、
1日数頁しか読まない。
題名は「あとがき」に書いてあるが、
アメリカの作家メイ・サートンの『独り居の日記』に拠っている。
なぜかメイ・サートンのこの本はぼくの書架にもある。
もう一冊『わたしの愛する孤独』もある。
「まえがき」で、
出かけた先の地方紙の歌壇の欄の
歌が紹介されているのが嬉しい。
驚いたのは、
「荷風ゆかりの碧南市へ」という章で、
碧南市の藤井達吉現代美術館の企画展を見た後、
何と半田のホテルを確保して、
徒歩でそのホテルまで行ったというのだ。
碧南と半田の間には、衣浦湾がある。
もちろん、連絡船なんてない。
しかし、衣浦海底トンネルはある。
ぼくは地元みたいなものだから、
何回か車でこのトンルルを走ったことはある。
しかし、まさかこのトンネルを歩いて通りぬけるなんて、
誰も考えないはず。地元の人間なら。
結局、川本さんは、4時間かけて碧南から半田のホテル
まで行ったとのこと。
いやあ、すごい。
海底トンネルを歩いて通った
日本でただ一人の作家ではないかしら。

とにかく、読みどころ満載で、
読み終える日が来るのが恐ろしい。


スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール

スズタケ

Author:スズタケ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -