「現代短歌新聞」5月号

2016/05/03

「現代短歌新聞」5月号の「作品時評」に拙作が取り上げられている。
筆者は、外塚喬さん。
取り上げられたのは、「現代短歌新聞」4月号に
載せていただいた5首の中の1首。

・原発と借金残し老いてゆく日本まもなく要介護度5に

この歌について、次のようなコメントをいただいた。

「現実をよく見据えて詠んでいる。日本沈没の不安が
的中するかも知れぬ。」

暗い将来を詠んでしまったが、もちろん本音はこうならない
ために、今私たちがどうしたらよいか、真剣に考える時期に
来ていることを言いたかったのだ。先送りで何とかなる時代
はそろそろ終わりなのではなかろうか。
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

No title

どこかで見た歌とおもったら、「原発と債務残りて老い進む日本ますます介護度上がる」という歌が朝日歌壇で入選を取り消されていた。盗作(改悪)を投稿する心理状態が分からない。

No title

ぼくも驚きました。
まさか自分の歌が盗作の対象になるなんて
夢にも思わなかったから。
こんなことをしても得るものは何もないのに。
残念です。
pagetop
プロフィール

スズタケ

Author:スズタケ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -