広坂早苗第二歌集『未明の窓』を読む会

2016/06/26

6月25日に行われた広坂早苗さんの
第二歌集『未明の窓』を読む会に出席。
問題提起者は4名。
まひる野から、柳宣宏さんと山川藍さん。
かりんの大井学さん、塔のなみの亜子さん。
出席者数は35名。
ただし、この35名には、版元の六花書林の宇田川さんも入れている。
そのうちまひる野は、17名。もちろん島田修三さんも出席。
さらに35名のうち、中日歌人会のメンバーが、
広坂さん、島田さんも加えて12名出席。
出席者で驚いたのは東京から加藤英彦さんが来られていたこと。
読む会は、2時から5時まで。
懇親会は、塚田農場という最近は
やたらに店舗数を増やしている、
宮崎県の地鶏と焼酎がメインのお店。
とにかく店員がやたらにハイで、
そのせいか客もみんなハイになってしまって、
もうやたらに賑やかな懇親会になってしまった。
その後、二次会。
二次会の会場について少しドラマが。
まず、その会場の若いオーナーが
何と「未来」の彗星集に所属しているとのこと。
つまり加藤治郎さんの選歌欄。
それよりも何よりも驚いたのは、
会場の中華料理の店の前に塔の廣野くんがいて、
その近くに全く見たことのない男性と女性がいる。
どういう関係の人かなと思っていたら、
何と二人とも角川短歌賞受賞者ではないか。
女性は、まひる野の立花開さん。
男性は、かばんの谷川電話さん。
もちろん、二人と名刺交換。
二次会が終わったのが、10時過ぎ。
とにかく楽しい会だった。
ただ自分が何を話したのかあまり覚えていないのは、
少し怖い。


スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール

スズタケ

Author:スズタケ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -