玉井綾子歌集『発酵』

2016/07/13

玉井綾子さんの第一歌集『発酵』(ながらみ書房 二〇一六年)
の歌を紹介します。
子供さんを詠んだ歌は、
巧まずしてユーモア感のあるものになっています。
二歳の子を育てているわが娘にも
見せてやりたいですね。
もちろん、父親の小野茂樹さんが登場する歌もあります。

・嫁ぎしのち初めて流す母の背は重荷と脂肪がおろされており
・父であり兄弟でもある夫望み 叶える彼もまたひとりっ子
・「地図読めぬ女性」の独りであるわれの方向音痴は父親譲り
・道交法四十年早く改正をされれば父は亡くならざりき
・父あらば未熟なりにも男への先入観を抱けしものを
・すれ違うベビーカーの中そっと見てわが子に必ず軍配あげる
・お気軽にご相談をとうたいつつ育児相談初診五千円
・春の朝部屋に差しこむ陽の帯をつかもうとする元悠一歳
・出ていたかたぬきのしっぽ子を連れた出先で聞かれる「お勤め先は?」
・子を預け生じた自由な三十分スタバで新聞読みて終わりぬ
・父なれど記憶になければ先祖への祈りに近し四十三回忌
・わが爪と同じく丸い吾子の爪明らかに茂樹の孫たる証
・胸などに感じた変化は勘違いパンダもすなる想像妊娠
・背の高い父に抱かれて子が見せるどや顔母まで見下しており
・朝六時「オイシイ」とわれを起こす子に「ネムイ」と言っても勝てる訳なし
・目薬をさしパチパチしてと言えば拍手するなり二歳のわが子
・ハロウィンの帽子もマントも断固拒否かぼちゃも食べぬ二歳の主張
・スーパーでおもちゃを欲しがりグズる子に「買わない宣言」をする、ギャーと泣く
・知っている言葉の全てつぎ込んで悪態をつく「ママのおばさん」
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール

スズタケ

Author:スズタケ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -