「COCOON」1号

2016/09/20

コスモスの若手の同人誌「COCOON」が遂に刊行された。
率直に嬉しい。
いよいよという感じ。
ぼくが編集している「灯船」の兄弟誌である。
「棧橋」が30年の活動を終えた後、
「棧橋」のメンバーを中心にして、二つのグループができた。
グループ分けは、単純に年齢で。
ただ実は、両方に参加している人もいる。
当然「棧橋」とは関わりのなかった人たちも、
新しいグループに参加している。
比較的年を取ったグループは、当初より「灯船」を
刊行し、まもなく、第三号が出る。
四号からは、「棧橋」と同じように
年四回の刊行に移る。
「COCOON」はどうなのだろう。
多分、大松くんの意向で、事務的なことは
一切書いてないから分からないが、
多分、年四回だろう。
大松くんの
「創刊のことば」にこんな箇所がある。
とても大切なことだ。

「作者が作品の中心にしっかりと存在し、
言葉の引力に振り回されていない作品。
そして作者と読者の間に一本の確かな
道を通す作品です。」

若い人たちの作品には、
本当に「言葉の引力に振り回されて」いるものが多い。
そして、「作者と読者の間に」道を通すことを
忘れはてている。
そういう点で、旧い言い回しだが、
「COCOON」は、アンチテーゼとして、
これから若い歌人たちの目の前に登場するのだ。
実に楽しみだ。
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール

スズタケ

Author:スズタケ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -