「週刊新潮」12月22日号

2016/12/15

「週刊新潮」12月22日号の
「新々句歌歳時記」で、
俵万智さんが奥村さんの『ビビッと動く』から、
次の歌を取り上げている。

・藝大は芸大でなく藝大と藝大に来て初めて知りぬ

この歌は、先日のコスモスの出版記念会でも、
評者の小島なおさんが取り上げていた。
いかにも奥村さんらしい目の付け方である。
「ただごと歌」今もなお健在なりと言うべき歌だ。
なお、この歌集の版元の六花書林では、
売れ行きがよくて、在庫僅少とのこと。
お読みになりたい方は、お早めに。
なお、ぼくの一押しは、
この歌集中の「反面教師」という一連。
ここまで詠んでいいのかなと思ったが、
まさに奥村晃作の原点は、
ここだなと思い知った一連てある。
どうぞお読みください。
極端なことを言えば、この一連を読むためだけに、
この歌集を買ってよいのではないかと
ぼくは思うのである。
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール

スズタケ

Author:スズタケ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -