1万首以上

2016/12/30

明日でまた一年が終わる。
この一年で一体何首くらい読んでいるのだろうかと考えた。
コスモスの選歌、カルチャーや地域の歌会に提出された歌、
地域の短歌大会で選をした歌等々、
併せると、月に千首は超えているから、
年に軽く1万首は超えている。
これは恐ろしいことだと思う。
選をする以上、自分なりの価値観があるわけだが、
その価値観で他の人が必死に詠んだ歌を評価してしまっている。
当然中には、ぼくの選でなかったらという歌もあるはずだ。
こんなことを考えはじめると、恐ろしくなる。
しかし、選は一つの出逢いにすぎないと考えたらいいのかなと思う。
ぼくとの出逢いはうまくいかなかったけれど、
他の方との出逢いの可能性はいくらでもあるのだから、
新たな出逢いをもっと求めてほしい。
つまり、鈴木竹志という歌人の価値観のみにこだわる
必要はないのではないかということだ。
読みの可能性ということになる。
読みの可能性にもっと信頼をおいてほしい。
ぼくは、こうしたほうがよくなると言った後、
でも、他の歌人なら違うだろうなとは思いつつ、
やむをえずそう言うしかない場に自分をおいている。

さて話がずれたが、
実際に読んでいる歌は1万首ばかりではない。
1年に何10冊もの歌集も読んでいるからだ。
例えば20冊読んだとすれば、約8000首読んでいることなる。
ということは、選をする歌、歌集の歌を併せると、
何と2万首以上は読んでいる。
高野さんのような新聞歌壇の選をしている歌人となると、
10万首以上読んでいるだろう。
これも恐ろしいことだ。
こんなことを書いていると、
短歌は実に盛況ではないかと思えてくるが、
果たしてどうだろう。
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール

スズタケ

Author:スズタケ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -