論理的世界

2017/04/24

父親が亡くなったことにより、
市役所に通い続ける日々である。
市役所の担当者たちとのやりとりを通じて、
痛切に思ったのは、
ここはすべて論理的なんだなということ。
感情の入る隙間がほとんどない。
ありとあらゆることが理詰めである。
一点の曇りもない。
○か×しかない。
これがぼくは苦手だ。
だから、何回も通う羽目になっている。
でも、市役所の人たちは、
基本的に親切ではある。
そしてさらに、
市役所に勤める人は、
短歌や俳句の世界に入ってゆけるのだろうかと思った。
仕事は、ほとんど論理的世界なのに、
家に帰って、感情的、情緒的世界に入ってゆけるのだろうか。
ついついこういう余分なことを考えてしまう。
でも、市役所の能吏かつ歌人という人は、
知らないなあ。
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール

スズタケ

Author:スズタケ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -