「朱鷺幻想」

2017/05/17

月に一回少人数で、
岩波文庫の『宮柊二歌集』を読んでいる。
今日は『藤棚の下の小室』の二回目。
来月には「朱鷺幻想」が詠まれた
昭和38年に入るなと思っていた。
それで、今日手に入れたばかりの
「歌壇」6月号の高野さんのインタビューの特別編を
読んでいてびっくり。
72頁下段8行目に、
えっという誤植。
こうなっています。

「宮先生の『時幻想』みたいな、」

多分テープ起こしをした方には「朱鷺幻想」という
作品は念頭になかったのでしょう。
何事も勉強ですが、
ちょっと残念な誤植でした。

スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール

スズタケ

Author:スズタケ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -