「短歌現代」10月号

2011/10/13

「短歌現代」が12月号で終刊になるというので、
かつての読者としては、
死に水をとるつもりで、
まず10月号を購入。
全体の印象では、終刊になる雑誌とは思えなかった。
しかし、細かく見てゆくと、
確かにその気配はあちらこちらに漂っていた。
例えば、
「歌人日乗」の執筆者が目次にあった人物でないのには驚いた。
目次は、星野清という人。
でも、実際は、千々和久幸という人。
不思議なミス。
また、新刊歌集の宣伝が
ほとんどされていないという点も
ひどく気になった。
他の出版社だと、
新刊歌集の宣伝は丁寧にやっている。
それに比べて、
短歌新聞社はおざなりという感じがした。
終刊も必然だったのかなあと思えてきた。
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール

スズタケ

Author:スズタケ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -