『なずな』

2011/05/15

堀江敏幸の新刊『なずな』(集英社 1890円)を読み終える。
一言で言えば、イクメン小説。
でも、育児を担当するのは、
実の父親ではなくて、
実の父親の兄。
では、実の父親は、どうしたのかと言うと、
海外旅行の仕事で交通事故に、
実の母親は、出産後、入院せざるをえない病気にかかってしまう。
ということで、兄の出番。
兄は地方紙の記者。
記者の仕事もしつつ、
弟の子の育児に奔走するという物語。
読後感は爽やか。
ただし、長編小説。
436頁ある。
装幀は、何と自装。
天は二物を与えずというけれども
堀江敏幸という作家は、
本当に恵まれた作家としかいいようがない。
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール

スズタケ

Author:スズタケ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -