『震災と鉄道』

2011/10/23

政治学者の原武史さんの新刊
『震災と鉄道』(朝日新書 760円税別)を読んでいる。
原さんは、とことん「テッチャン」ですが、
その「テッチャン」が渾身を込めて書いたのが、
この本です。
とにかく面白い。
ほとんどぼくの知らないことばかり。
鉄道についてあまり知識のないぼくが、
次から次へと開示される圧倒的な知識に
快感を覚えてしまうのです。
知の喜び、
つまり知ることの喜びを
この本から味わうことができるのです。
それから、ただ面白いだけではなくて、
原さんには、志があるから、
余計にこちらも熱を入れて読んでしまうのです。
原さんの志が見事にあらわれているのが
次の個所です。

「4月26日、私は、いてもたってもいられなくなって、
東京を発ち、岩手県の被災地に向かいました。鉄道復旧
の支援と現地取材をかねて三陸鉄道に乗りに行くためで
す。私の手元には、三陸鉄道の宮古―小本間(片道)6
00円、本来は750円)の硬券切符(往路用)と車内
補充券(復路用)がまだ残っています。支援のために6
0万円分、1000枚を購入してきました。帰京後は、
大学や取材などで人に会うたびに、この切符を配って、
三陸鉄道支援の必要性を訴えました。」

どうです。まさに志があらわれているではありませんか。
ですから、このブログを読んだ方は、
ぜひこの本を買って読んでください。
そうすれば、この本の印税を
原さんはまた三陸鉄道支援のために使うと思います。
それから、原さんは、こんなことも書いています。

「誤解を恐れずに言えば、JR東日本の企業体質は、
東京電力と似ているところがあると思います。」

これは、ぼくもそう思います。
この本を読んでゆけば、
自然と東京電力の似た体質の
具体的な面が分かるはずです。
それから、リニア鉄道に反対しているのも、
ぼくは同感です。
なんであんなものを作って、自然を破壊しなくてはならないのか。
早ければいいという時代はもう過ぎ去ったのです。
ゆっくり車窓から日本を
眺める時代になったほうがよほどいいと思います。
リニアの計画が頓挫することを願ってやみません。



スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール

スズタケ

Author:スズタケ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -