「桜狩」終刊号

2018/03/21

先日「桜狩」184号が届いた。
しかし、表紙を見て驚いた。
「終刊号」と記してある。
これまでの号に予告はなかったから、
本当に突然のことだ。
編集後記に光栄堯夫さんが、
体調不良等で終刊にする旨、記していた。
桜狩短歌会と称しているが、
結社というよりは、超結社の同人誌的色合いの雑誌だった。
田島邦彦さんが出していた「開放区」に近い雑誌だった。
ただ散文の量という点では、
「開放区」には及ばなかったが。
それにしても、こういう超結社の雑誌が
次々に消えてゆくのは実に寂しい。
もう残っているのは、「鱧と水仙」の他に
どれほどあるのだろうか。
「桜狩」の場合、
後継の雑誌が出されるといいのだが。
これも難しいだろう。
田島さんにしても、
光栄さんにしても、
ほとんど自分の時間を雑誌の発行に費やしていたわけだし、
もう昨今はそれが可能な歌人はいないような気がする。
結社でほそぼそとやるしかないのかもしれない。
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール

スズタケ

Author:スズタケ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -