FC2ブログ

『六六魚』

2018/09/10

小島ゆかりさんの14冊目となる歌集が
本阿弥書店から出された。
歌集名は「六六魚」。
「りくりくぎょ」と読む。
どういう意味か知らなかった。
知りたい人は、調べてみてください。
調べてみても、わかったような分からないような感じになるとは思いますが。
おかしみのある歌が多いという気がした。
例えば、「真人間」と題した一連があって、
こんな歌がある。

・今日からは秋の靴はき真人間のごとき泥つき牛蒡を買ひぬ
・表札ははづされをれど塀のうへはみだす柿はしんじつあかし
・歯の治療終はり午前にもかかはらず白玉クリームあんみつ食べぬ
・また孫に会ひたけれどもそんなことでは本物の詩人にはなれず

3首目、
甘いものの誘惑がいかに恐ろしいものかを実感した。
4首目、本物の詩人は、孫には会わないんだと、
真面目に考えてはいけないなと思う。
そもそも本物の詩人ってどんな人なのか。
かつて高野公彦さんがお孫さんを抱いている写真を見たことがある。

そうそう、この歌集には、お孫さんの歌がたくさんある。
そう、小島さんは、おばあちゃんになったんだ。
ちょっと信じられないが。
こんな歌がある。

・ゆふぞらの犬の太郎よ君の知る少女はおばあさんになつたよ
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール

スズタケ

Author:スズタケ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -