FC2ブログ

「柊と南天」第一号

2018/09/12

「柊と南天」第1号が先日届いた。
0号も出ているから、2冊目。
柊と南天の会の雑誌ということなのだが、
目次のところに、柊と南天の会について、
こう書いてある。

(塔短歌会 昭和48年~49年生まれの会)

つまり、結社内同人誌ということなる。
そして、年齢制限あり。2年限定だから、
人数的にも、今後そんなに増えないだろう。
同期の者が集まって雑誌を作っているという感じかな。
塔短歌会の会員で昭和48年~49年生まれだけが、
共通項だから、自己紹介文を読んでいると、
本当にいろんな人が集まったなという印象を持った。
個性的と言えばいいのかなという気もするが、
それとも少し違う気がする。
これから、作品の面で、
それぞれの顔をくきやかにしてくるのが楽しみだ。

1号は同人全員が出詠している。
それから永田淳さんが、
「塔」の1997年3月号から10月までに掲載された
歌をすべて載せている。
若さそのものという歌が並んでいる。
別の言い方をすれば、青春真っ盛りという感じかな。
若さそのものの歌を一首だけ紹介する。

・相聞歌キーボードで叩きいて腹立たしき誤変換午下がり

スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール

スズタケ

Author:スズタケ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -