FC2ブログ

大府荘

2018/09/21

荻原魚雷のブログ「文壇高円寺」を読んでいて、
こんな記述に出逢い、びっくりした。

話を戻そう。大学時代、河原淳は結核になった。

《故郷に帰り、知多半島にある国立療養所に入った》

《療養所には、いろんなサークルがあった。私は『誘蛾燈』という
詩の同人誌に参加していた。豊橋在住の丸山薫氏が選者で、
拙作もいくたびか載った》

いったいいつ頃のことなのだろうか、とても気になった。
というのも、この「知多半島にある国立療養所」にぼくはいたのだ。
正式名は、
確か国立結核療養所大府荘といった。
小学二年生だったから、昭和33年だと思う。
ぼくの場合は、結核の疑いで入所し、
一ヶ月後には、疑いがはれて退所した。
この療養所には、
これもはっきりはしないが、
昭和20年代だと思うが、
土屋文明の息子の土屋夏実も医師として勤務していた。
いやあ、懐かしい。
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール

スズタケ

Author:スズタケ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -