FC2ブログ

哀しい歌

2018/10/08

栗木京子さんの『ランプの精』にこんな歌がある。

・キャロライン・ケネデイを乗せ馬車は行くただ紅葉の美しき日本を
・痩身の女性大使はわれよりも若し、若くてすでに父母なし

一首目は、大使として着任の儀式に向かうキャロラインを詠んでいる。
二首目は、何とも哀しい思いにみちびかれてゆく。
歴史的事件に思いを馳せなくてはならなくなる。
父は凶弾に倒れた大統領。
母は、大富豪の婦人となったジャクリーン。
そして亡くなった。
幼いころのキャロラインを私たちは、
何度も映像に見ているはずだ。
そのキャロラインが大使として日本に着任。
わたしは、キャロラインの映像を見るたびに
哀しい思いにひたらざるをえない。
父を失い、母に捨てられ、
それでもこの女性は強く生きてきた。
「若くてすでに父母なし」は、
こういう私の思いをさらにゆすぶる。
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール

スズタケ

Author:スズタケ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -