FC2ブログ

違ってた

2018/10/13

昨日書いた「’82現代短歌シンポジウムin東京入場券」の半券
について、14日のもので、この日に吉本の講演があったと書いたが、
このシンポの冊子が出てきて、
吉本隆明の講演は、13日の冒頭とある。
題は「個の想像力と世界への架橋」。
質問者が3名いて、
三枝兄、滝耕作、永田和宏。
この講演を聴いた記憶があるから、
ぼくは13日だけ参加していたようだ。
だから、14日の分は、切られないで残っていたのだ。
ただ、この時期、歌人の知り合いというものは、
ほとんどいなかったので、
一人で東京へ行き、一人で帰ってくるしかなかった。
会場で誰かと話した記憶もない。
ひょっとしたら、冨士田元彦さんと声を交わしたかもしれない。
それもはっきりしない。
いやあ、寂しいものです。
しかも、この冊子を見ていて、
パネラーや司会、進行係に、
コスモスの人間は一人もいない。
強いてあげれば、
河野裕子さんの名前が、パネラーの中にあるので、
一人はいたということになる。
当時のコスモスの人たちは、
こういう超結社のイベントには参加していなかったようだ。
多分、この翌年あたりから、
少し様子が変わってきて、
高野さんが登場するようになるのだと思う。
コスモスというのは、
超然としていて、孤高を厭わないという雰囲気をもつ結社だから、
やむをえなかったと思う。
現在もそういう傾向はあるが、
かつてほどではない。
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール

スズタケ

Author:スズタケ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -