FC2ブログ

『フリカティブ』

2018/10/26

昨日の穂村さんの文章に刺激されて、
書庫から大松達知さんの第一歌集『フリカティブ』を
出してきて読み始めた。
やはり面白い。
面白いというのは、不謹慎なもの言いかもしれないが、
この歌集の感想としては、「面白い」あるいは「愉快だ」が
適当かなと思う。
書誌を少し。
2000年9月30日発行。
柊書房刊。
コスモス叢書631番。
特記すべきは、栞があること。
というのも、コスモスの歌集は、栞を入れることはほとんどないから。
執筆者は、実に豪華。
吉川宏志、米川千嘉子、そして高野公彦。
もちろん、選歌も高野さん。
では、歌を少し。

・さういへばなどと授業を中断し予定どほりの余談に入りぬ

ぼくもかつてこの手をよく使ったなあ。

・妻をらぬゆふべ聞きをり留守電のこれから帰るといふわれの声

今はラインがあるからこういう悲喜劇はありえない。

・買つてきてあげたわと妻は言ふけれどわが給与にて飲むこのビール

きわどいなあ。これ以上言うとやばい。
最近、大松くんの歌は、このきわどさにチャレンジしているような
歌が多くて、ひとごとながら、ぼくは心配しているのだ。
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール

スズタケ

Author:スズタケ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -