FC2ブログ

『春の顕微鏡』

2018/11/07

永田紅さんの第四歌集『春の顕微鏡』(青磁社)にこんな歌を見付けた。

・町内を回覧板は回るなり永田→田中→中川→川端

詞書がある。「岩倉長谷町 嘘のような並び」。
回覧板を回す順番がしりとりになっているというのは、
驚くしかない。仕組むようなことではないのだから。
この長谷町の家には、
当然ながら今は永田和宏さんしか住んでいない。
しかし、永田さんは、世界中を駆けめぐっているから
あまり自宅には帰ってこない。
この歌の前にはこんな歌があった。

・日中は無人となれる家なればしゃあないなあと家が留守居を

家のほうで永田さんが不在のときは何とかしてくれるのだろう。
今度は違う方面の歌。

・起きてから食べむと置きし私の菓子パン食べてしまえり夫は

ありがちだが、食べものの恨みはなかなか後まで消えない。
ただ私の関心は、この「菓子パン」の種類だ。クリームパンなのか、
餡パンなのか。
私の予想は餡パンだが、果たして真相やいかに。
最後にこんな歌を。70歳以上の方には
もう理解できない世界かもしれない。

・グーグルがホリデーロゴになっている日の夕暮れにクリックしたり

ところで、この歌集には栞紐が二本ついている。
もちろん色も変えてある。朱色と桃色。
なんか得した気分。




スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール

スズタケ

Author:スズタケ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -