11月22日

2011/11/22

淑徳の日。
二時間目の現代短歌の講義、
初めは、何と一桁の人数。
これはまいったなと思ったが、仕方ない。
白秋の歌の残りと
宮先生の歌について、
ひたすら話す。
話しているうちに、
学生の数が増えてきて、
20名を超えていた。
その中で、
一人見かけない人がいるなあと思いつつ、
終わると、
その学生がこちらにやって来る。
「久しぶりです」と言われて、
よく見たら、何と野口あや子さんだった。
去年の夏以来だから、
もう一年以上会っていなかった。
卒業後は、東京へ出るとのこと。
確かに短歌に真剣に取り組もうというなら、
東京は、まさに地の利がある。

その後別の学生たちが来て、
来年の1月27日に、
穂村弘さんが淑徳に来られるから、
宣伝してほしいという。
もちろん、します。
というより、この講義でも、
穂村さんについては、話すつもりだったから、
まさに渡りに舟ということになる。

帰りに仕方なく三省堂に寄る。
もちろんほしかった本はなかった。
でも、先週ジュンク堂であった
K先生にまた会えたから、よかったかな。
それで、一番ほしかった本ではないが、
読んでもいいかなと思っていた本があったので、
購入。
またしても散財。
家にはもうほとんどスペースがないというのに。
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール

スズタケ

Author:スズタケ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -