昨日は、恒例の中日新聞社との懇親会。
中日新聞社北館のお城側にあるKKRホテルで。
中日新聞社からは、文化部長、文化事業部長、文化部記者、文化事業部担当の4名。
中日歌人会からは、役員5名と顧問の小塩さん。
文化部長、文化事業部長は、昨年変わられたので、
初めてお目に掛かる。
それぞれ見識のある方で、2時間弱の会は、
和気藹々とした雰囲気に終始した。
記者さんも、短歌関係の記事の計画を話していただき、
楽しみが増えた。
私も10年以上、この懇親会に出席しているが、
これだけ楽しく過ごせた会はない気がする。
興味深い話もたくさん聞けて、
収穫の多い会だった。
誌面についても、非常に嬉しい情報を得られたので、
その点でもよかった。
帰宅は10時前。
pagetop

凡作駄作

2018/06/22

高野公彦さんの『雨月』にこんな歌がある。

・作者知るゆゑに凡作駄作にも惹かるることの無しと言はなくに

作者の人柄が滲み出ていれば、
短歌としては、凡作駄作と評価せざるをえないにしても、
自分は、歌そのものに惹かれることがないわけではないと
いうふうに理解したい。
歌の評価に対してはかなり厳しいと見られている
高野さんにも、こんな面があるというのは嬉しい。
歌の評価というのは、
もちろん理路整然とできるはずがない。
つまり字面だけでは到底評価しがたいものがあるのだ。
それを曖昧だとして批難するのは簡単だが、
果たしてどうだろう。

pagetop

全国大会

2018/06/19

昨日「コスモス」7月号が届く。
恒例の全国大会の案内が掲載されている。
今年も東京で、
9月22日と23日。
22日には、藤島秀憲さんの講演がある。
コスモスの大会で、
外部講師による講演があるのは、久しぶりではないだろうか。
ということで、早速、申し込みするのではなく、
宿の確保をする。
東京でのコスモスの大会は、
宿は自分で確保するという約束になっているので。
宿をまず確保してから、
申し込みをすることになる。
宿は確保できた。
大会会場のアルカディア市ヶ谷。
さて、今年は、何人集まるのだろう。
150人は無理かな。

pagetop

地震

2018/06/19

昨日の朝、パソコンに向かっていたら、
揺れ出して、少し驚いて、テレビをつけると、
大阪のほうで震度6弱というではないか。
午後名古屋へ行く予定はあったが、
まあ、こちらにはそんなに影響はないなと思って、
のんびりかまえていた。
それでも、少し早めに11時半過ぎに駅を行くと、
何と下りがかなり遅れているという。
いったい何時の電車が来る予定なのかと聞いたら、
9時10何分というではないか。
2時間以上遅れている。
これでは、1時までに会場に着けないと思い、
名鉄電車で行くことにした。
結果的にこの選択が正解。
乗り換えの時間も少なく、
いつもより早く名古屋駅に着いてしまったくらい。
帰りは平常になっているかと思ったが、
考えが甘く、間引き運転になっていた。
離れた地域のことだからとたかをくっていると、
痛い目に遭うという教訓を得た一日だった。
pagetop

回答

2018/06/17

昨日の「塔」の「作品2」欄の方の作品を探しにくいという件について、
早速編集長の松村さんからコメントをいただきました。
会員の方からも、同様の意見は出ているとのことで、
考えてみたいとのことでした。
ただ、「作品2」欄に所属する人には、
ひよっとして、探しにくい方が楽しみが増すような気もします。
それから、各選者による並べ方が、最初のほうと最後のほうに
優秀作品を置くというのは、なかなか面白いですね。
普通は前に置くか、別にその月の優秀作品だけをまとめた欄を
置いているのですが。
前のほうを見て自分の作品がなくても、
ひょっとして後のほうにあるのではないかという期待感はありますからね。
だから、「作品2」欄の方は、いろいろ楽しめるとは思います。
でも雑誌が届くや、一刻も早く自分の作品が何首取られているかを
知りたい人は、きっといらいらするでしょうね。
でも、それぞれの雑誌の個性ということもありますから、
あまり外部の人間が言うのもということで、
これくらいにしておきます。
逆にコスモスの場合は、あまりに分かりやすいというところはありますね。
「まひる野」もなかなか探しにくいなと思います。
pagetop
プロフィール

スズタケ

Author:スズタケ
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -